初日から洗礼を受けたメキシコシティ


0:22 発の飛行機でロサンゼルスからメキシコへ。
Volaris 航空の飛行機は通路を挟んで3席ずつのシート。
乗ってすぐ最後部が見える小さな飛行機だった。


1


3時間半ほど仮眠を取って6時頃に到着。
荷物を受け取って入国審査を済ませ外に出れたのが7時前。
アメリカでは友達がいたから安心感があったけど...
気を引き締めてメキシコシティーへと繰り出す。

一服したら予約した宿に向かうためメトロに乗る。
空港を出て左にずーっと歩いて行くとメトロ乗り場があった。
これがわかりづらくてインフォメーションで聞いてやっと見つけられた。


1


切符はこの TAQUILLA というカウンターで購入。
券売機がなくて焦ったけど切符が買えそうなところはここしかない。
だから迷わなかったんだけど、切符は5ペソ( 40円 )だった。


1


この切符を日本と同じように改札機に入れる。


1


...が、切符が出てこない。
少し戸惑ったけどそのまま通過していいようだ。
5ペソの切符を購入すればどこまで乗っても平気なシステムらしい。


1


これがメキシコのメトロのホーム。
想像より綺麗でちょっとビックリした。
しばらく待つとオレンジ色のメトロが到着。


1


このメトロに乗って Misterios 駅へと向かう。
車内には物売りがいて色鉛筆やらオモチャやらを売っている。
駅に着いては車両を移動し車内販売に精を出していた。
誰がメトロの中でそんなもん買うんだよってものばかりで笑える。
でもキャラクターもののクリアファイルは飛ぶように売れてた。
そんなメトロの車内はこんな感じ。


1


都営大江戸線よりも狭い。
色々と観察しながらメトロに乗っていると...
この車内が急にクラブかってくらいの重低音に包まれる。
いきなりの大音量でなんだなんだってなったけど乗客は眉一つ動かさない。
嘘でしょ?って思いながら音のする方をよく見てみるとスピーカー背負ってる人を発見。
バックパックのようなスピーカーで音を鳴らしてるのは物売りで流れてる曲の CD を販売していた。

動画でも撮っておけばよかったな...
いきなりのことでそこまで頭が回らなかった。
メトロには何度か乗るしチャンスがあったら撮ってみよう。

それにしてもメトロはすごく揺れるし縦に跳ねる。
手すりにつかまってないと立ってられないほど。
でもその原因はメトロを降りてすぐに判明。


1


車輪が車のようなタイヤだった。
そりゃポヨンポヨン縦に跳ねるわけだ。
走行中にパンクでもしたらどうなるんだろう?


1


とりあえず無事に Misterios 駅に到着。
ここから地図を撮ったデジカメを見ながら宿へ向かう。
1泊92ペソ( 700円 )と破格な Lima Limon Ciuded de Mexico へ。


1


チェックインを済ませたらオーナーにスーパーの場所を聞いて買出し。
お腹も空いてるしメキシコの物価を確認するにはちょうどいい。
宿から徒歩10分ほどのところにウォルマートがあった。

> このスーパーが馬鹿デカイ。
ロサンゼルスのラルフスにも驚いたけど...
ウォルマートはそれ以上。


1


これで3分の1くらい。
とてもじゃないけど写真に納まらない。
土地の広さを生かした陳列の仕方が新鮮だった。


1


野菜売り場には見たこともない野菜がずらり。
そしてたまねぎは剥いてあるのと剥いてないものがある。


1  1


コーラは2.5リットルで23.5ペソ( 178円 )


1


酒も色んな種類が置いてあって充実しまくり。
日本のメーカーは唯一サッポロビールが頑張ってた。
メキシコって言ったらやっぱりテキーラでしょと見てみると...


1  1


むちゃくちゃあったw
この種類の多さには惚れ惚れする。

一通り見て回ってから腹ごしらえのためにマックへ。


1


メニューはこんな感じ。
一番安いダブルバーガーのセットを頼んでみた。
49ペソ( 370円 )だから意外とするな。


1


味は普通。
サルサソースを付けて食べると美味。
まぁ、マックはこんなもんか。

水とビールを買って宿に戻ってからは行きたい場所の下調べ。
明日はテオティワカンに行こうと思っている。
バスターミナルの位置と最寄の駅を把握してひと安心。

ここまで順調に来てるなーと落ち着いてたら...
メキシコの初日で洗礼を受けた。

イタリア語、スペイン語、ドイツ語、英語がペラペラなイタリア人。
同じドミトリーで国内旅行中のメキシコ人カップルが2組。
メキシコ人のオーナーとその友達のアルゼンチン人とペルー人。
この中にジャパニーズのワタクシ。

そろそろ寝ようかとリビングでタバコを吸おうと思ったら...
これから飲むぞとお誘いされた。
そこから6時間、ビール6本、ラム酒2本、ワイン2本、コーラ5リットルww
メキシコ人は何でもコーラで割るのが好きなようだ。
ワインもコーラで割ってたけど、なかなか美味しくて酒がすすむ。

メキシコ人はコロナとテキーラを飲んでるもんだと思ってたって言ったら...
テキーラが出てきて、みんなで2本空けた。
今までわりとお酒は飲んできたと思うけど、間違いなく人生で一番飲んだ日になった。

あと、あいつね。
まさかあるとは思わなかった。
葉巻かよw
ってくらいの太さ。

言葉はわからないけど、何となく気持ちは通じるみたいで、なかなか楽しい夜でした。
泥酔しないように気を張って飲んでたけど、部屋に戻って1分もしないうちに寝たと思う。

そんなメキシコ初日の出来事。



マヤ文明が残したアステカのカレンダーを有する国立人類学博物館

本日の天気は曇り。
テオティワカンへ行く予定だったけど国立人類学博物館に変更。
やっぱり遺跡は青空の下で写真を撮りたいからね。

大体の場所をネットで調べて出発。
最寄り駅は Auditorio 駅で Misterios 駅から3回乗り換える。
Misterios → La Raza → Hidalgo → Tacuba → Auditorio と乗り継ぐコース。


1


所要時間は50分ほど。
乗換が遠くてかなり歩く駅があったり、プラネタリウムみたいな通路もあった。
メキシコのメトロは路線が色分けされてるから迷わず行ける。


1


Bosque de Chapultepec という公園内にある国立人類学博物館。
メトロの出口にあった案内図を確認してから歩く。
道にも看板があってわかりやすい。


1  1


公園はのどかでとても広い。
たくさんの露天があり家族連れやカップルで賑わっていた。
市民の憩いの場を兼ねた観光地となっている。


1  1


テレビの撮影が行われていたり、野性のリスが近寄ってきたり...
穏やかな午後を過ごすにはちょうどいい。
思っていたのと全く違う平和なメキシコに戸惑いつつ歩く。


1  1


それにしても公園はとてつもなく広い。
デジカメで撮った案内図を確認するとあることに気づく。
一体どれが国立人類学博物館なんだろう?


1


博物館だしミュージアムかな?
Museo ってスペイン語でミュージアムっぽいし。
とりあえず1番に書かれてる Museo del Caracol に行くことにした。
駅から軽く30分くらいは歩いたのだろうか...
やっとエントランスを発見。


1


入り口で48ペソ( 370円 )を支払い入場。
でも入ってすぐ『 あ、ここ違う 』ってわかる場所だった。
どうやらメキシコの歴史をミニチュアで再現した博物館のようだ。


1  1


一通り歩いて見て回って10分くらいで出てきた。
ここが違うとなると Museo Nacional de Historia か?
ナショナルって国際って意味だしきっとそうだ。

歩いて行くと入り口には警察官が荷物をチェックしてる。
さらに歩くと大きな門に宮殿のような建物。
さてはここで合ってるな。


1  1


59ペソ( 450円 )払って中に入るとドレスや装飾品、貴族がらみの展示品が多かった。
そしておびただしい数の絵が額に入れられて飾られてたり壁に書かれていたり...
どうやらここもメキシコの歴史がらみの博物館のようだ。


1


1


1


1


1


完全に違う。
もう諦めて展示品を見ることにした。
宮殿はかなり広くて好きな人には見ごたえがありそう。
色々と回ってみたけど展示品よりも宮殿の2階部分にある庭園が気に入った。


1


これが四隅のうちの一角。
そして真ん中に塔のような建物がある。
左右対称で手入れの行き届いた綺麗な庭園だった。


1


1


1


さらに建物内部の廊下を歩くと素敵なステンドグラス。
今までステンドグラスには特に惹かれたことはないんだけど...
これは壁一面に施されていて大きかったし魅了された。


1


1


さて、国立人類学博物館はどこにあるんだろう?
時間もなくなってきたことだしインフォメーションに聞いてみた。
そしたら Auditorio 駅のすぐ近くにある Museo Nacional de Antropologia が目的地のようだ。


1


やっと見つけた、ここが入り口。
観光客が一気に増えたし今度こそ間違いないでしょう!
早くアステカのカレンダーとご対面したい。
入り口で57ペソ( 430円 )払って中に入ると、ここも広い。
とりあえず一番近いとこから攻めることに。


1


そしたらまずはこんな骸骨がお出迎え。
そうそう、メキシコの歴史じゃなくて遺跡関係ね。
ほかには壁画や出土品が並べられていたりとそれっぽい雰囲気。

2階に上がってみると今度は民族衣装やリアルな形をした展示物。
昔のメキシコ人の生活が再現されたブースが続いていた。


1


アステカは?ねぇ、アステカは??
一瞬そんな雰囲気があったけどなかなか見つからず...
さまよってたら2階のガラス張りのところからカレンダーが見えちゃった。

おおおお、そこがマヤコーナーかい。
国立人類学博物館の一番奥にマヤ関係の展示物があった。
そしていよいよアステカのカレンダーとご対面。


1


はい、いただきました☆

アステカ・カレンダーは直径が360センチ重さ24トン、1790年に発見され博物館に収められた。
太陽の石、あるいはアステカの暦と呼ばれ、宇宙論の関連を示す絵文字や記号が配置されている。
1年=365.2420日と記され、現代科学の365.2422日と誤差0.002日しか違わない正確さを誇る。

すごくない?

マヤ文明は優れた天文学の知識があったことが調査によって判明している。
日食や月食の時期や月の満ち欠けなども把握していたらしい。
金星や火星が太陽と地球と一直線に並ぶ現象が起きるタイミングを計算した結果もあったとか...

すごすぎるでしょ!

マヤ暦では2万5640年をひとつの単位としてアステカ・カレンダーに記されている。
それを5等分した5128年単位の第5サイクル期終了が2012年12月21日だった。
人類滅亡とか言われてたけど、この日はフォトン・ベルトへの突入の日と言われている。

フォトン・ベルトとは強力な光子のドーナツ型の帯のこと。
太陽系は2万6000年周期で銀河を周り、1万1000年ごとに2000年かけて通過するとされる。
それにより人類の遺伝子構造が変化し、進化すると言われてるらしい。

つまり第6のサイクル期への突入。
新しい時代の幕開けってこと。
うぉぉー、ワクワクするw

アステカ・カレンダーを見ただけで胸熱。
あとはクリスタルスカルとかパレンケのレリーフも見てみたい。
早く次のやりすぎ都市伝説やらないかな?
信じるか信じないかはあなた次第ですと言われたら...
ワタクシはもちろん前者です!


1


あと興奮したのがチャクモール像。
死んだ戦士を象徴し、神へいけにえなどの供物を運ぶ存在なんだとか。
像の上で人身御供の儀式が行われ、皿の上に取り出された心臓が太陽への捧げ物として置かれたり...


1


ここが捧げ物として心臓が置かれた場所か...
知っているものを目の当たりにするのは本当に興奮する。
昔の人の思想を知るのは面白いし、それを解明する現代科学もすごい。

なかなか興味深かった国立人類学博物館。
ショップにはアステカグッズがたくさん売られていた。


1


ぐぬぬ...ほ、ほしい。。
荷物になることを考えると諦めざるを得ない。
でもこの中で一番ほしいものと言ったら死者の貴婦人カトリーナです。

以上!





変額保険 貯蓄 資産のみかた

ネットde保険@とらべる5つの特徴

キャッシュレス
メディカルサービス

海外旅行中に提携病院で治療を受けても、治療費を支払う必要はありません。

日本語電話サポート

旅行先でも安心の日本語で電話対応を行っております。

24時間365日
海外サポート

旅行先におけるさまざまなアクシデントにいつでも対応いたします。

出発前当日
お申込み対応可能

急な予定にも対応!出発前当日でもお申し込みができます。(出発前当日のお申込みは23時30分まで)

リピーター割引は
5%OFF!

リピーターの方必見!繰り返し海外旅行に行かれる方におすすめです。
※リピーター割引の適用条件については『ネット海外旅行保険「ネットde保険@とらべる」の特徴』のポイント3をご覧ください。

ご契約前にお読みください※

  • ※「ネットde保険@とらべるに申込む」画面に進んでお読みください。
  • ・保険のポイント
  • ・重要事項のご説明
  • ・普通保険約款・特約

ゴルファー保険

おすすめコンテンツ
国別 海外コラム
保険おまかせ隊