海外旅行(保険)(ハワイ編)

海外旅行(保険)の豆知識(旅行初心者編)

ハワイに行くなら見ておきたい人気観光スポット

1. ダイヤモンド ヘッド(ホノルル)
ホノルルのシンボルと言っても過言ではない、ダイヤモンドヘッドは 大人であれば30分前後で登る事が出来ます。青い海とワイキキの街並みが望める、人気の絶景スポットです。

2. ワイキキ・ビーチ(ホノルル)
世界で一番有名な全長約3キロメートルのビーチで、旅行者が数多く集まる人気定番スポットです。

3. アラモアナ・ショッピングセンター(ホノルル)
世界最大規模のショッピングセンターの一つで、店舗数も300近くあり、ショッピングを存分に楽しめます。

ハワイに行く際、海外旅行保険は必要か?

上記の様な人気観光スポットが多いハワイに、家族などで行かれる方も多いと思います。ハワイは身近だと感じる方も多いですが、それでも日本と違う部分は数多くあります。危険度は他の国々に比べれば、高くはないと勝手に思い込み、海外旅行保険にも加入せずに行かれる方も少なくありません。

でも実際に、病気やケガなどになった場合は思っていた以上に高額になるという事も少なくありません。特にお子様連れで行かれる方は自分達親が何か起った時の事を想定しなければなりません。そこで役に立つのが海外旅行保険です。

少しでもお安く済ませたいと言う方には、クレジットカードなどにも海外旅行保険が付帯しているカードもあります。これだけで全てを賄うのは難しいので、この部分だけ海外旅行保険で加入する事をオススメします。このクレジットカード以外にも、日本で健康保険に加入している方には海外医療費制度という制度があります。

「えっ!?そんな制度があったの!」と思われる方も少なくないと思います。現に私自身も少し前まで全く知りませんでした。この制度を簡単に説明すると、ハワイで病気やケガになった場合に、日本で健康保険に加入していれば、給付を受ける事が出来るのです。この給付に関しては、治療費を全額自己負担し、日本に帰国後申請手続きをすれば、支払った治療費の一部を給付されます。 ※注意点としては、海外で長期間(一年間以上)滞在知る場合は支給対象外となりますので、ご注意して下さい。またその他にも、色々と規則などもあるので、確認する必要があります。

支払われる額も日本で治療を受けた場合の金額から算出されるので、多額の自己負担が必要な場合があるので、大きな期待を持つのは危険です。 高額な海外旅行保険に加入する必要はないと思いますが、無料クレジットカードの海外旅行保険・海外医療費制度だけでは充分だと言えないので、海外旅行保険の加入もじっくり考えた方がいいかもしれません。

ネットde保険@とらべる5つの特徴

キャッシュレス
メディカルサービス

海外旅行中に提携病院で治療を受けても、治療費を支払う必要はありません。

日本語電話サポート

旅行先でも安心の日本語で電話対応を行っております。

24時間365日
海外サポート

旅行先におけるさまざまなアクシデントにいつでも対応いたします。

出発前当日
お申込み対応可能

急な予定にも対応!出発前当日でもお申し込みができます。(出発前当日のお申込みは23時30分まで)

リピーター割引は
5%OFF!

リピーターの方必見!繰り返し海外旅行に行かれる方におすすめです。
※リピーター割引の適用条件については『ネット海外旅行保険「ネットde保険@とらべる」の特徴』のポイント3をご覧ください。

ご契約前にお読みください※

  • ※「ネットde保険@とらべるに申込む」画面に進んでお読みください。
  • ・保険のポイント
  • ・重要事項のご説明
  • ・普通保険約款・特約

ゴルファー保険

おすすめコンテンツ
国別 海外コラム
保険おまかせ隊