海外旅行(保険)の豆知識(コミュニケーション編)

海外旅行(保険)の豆知識(コミュニケーション編)

もしも宗教を聞かれたら・・・

現地では、「何教徒??」と聞かれる事も珍しくありません。その際には、決まった宗教などがない場合でも、” I'm a Buddhist."というのが無難です。正直に答えると、「なぜ??」などの質問責めに遭う可能性があります。

しつこいナンパ撃退の一言

しつこくナンパしてくる相手にははっきりとした口調で応対しましょう。断る場合は、「I'm sorry, you are not my type.」と答えましょう。 はっきりとした物言いだと、日本人の女性からすれば、言い過ぎではと思うかも知れませんが、これがもっとも効果的な言葉です。 中途半端な態度をとると勘違いの原因になるので、注意しましょう。

その国の習慣とタブーを頭に入れる

日本では当たり前な事であっても、場所や地域によってはタブーな事も珍しくありません。 その逆も当然起こりえます。とんでもない事態になることもあるので、訪れる国の習慣やマナーなどを頭に入れておくことも大事な事です。

イスラム教
肌の露出やアルコール類などが禁止されています。

ヒンズー教
牛肉を食べない。

仏教
頭を触る事は最大の恥となるので触らない。また人前でアルコールを飲む事は許されていますが、限度を超えて飲まない

ごく一部ではありますが、この様な行為なども存在するので注意は必要となります。

こんなジェスチャーには気をつける

ジェスチャーだから大丈夫だと安心せずに、気を付けないといけない点がいくつかあります。 例1.
自分の事を指で指し、表現する事もありますが、これも変な行動と思われる事も あります。
例2.
日本では良く目にするOKサインは、卑猥な意味にとらわれる事もあります。

その他にも、地域によっては注意しないといけないジェスチャーもあるので、 やってはいけないジェスチャーは頭にいれておきましょう。

ポラロイド写真は心の架け橋

旅行に行けば写真を撮って記念にしたいものです。逆に頼まれる事もあるかと思いますが、その際にポラロイドで撮ってプレゼントなどして上げれば、すごく感謝され距離も近まります。 現地の方とお近づきになれる手段としても有効な方法です。

旅先の人と仲良くなれる言葉

現地に向かう際には、基本的な言語などを身に付けておくか、プリントして持っていきましょう。お礼の言葉・数字・食事などプリントして置くとかなり便利です。

旅先で値切り目的の言葉を使わない

現地で話す言葉として、あまり使わない方がいい言葉があります。それは購入時などで、値切り交渉で使う言葉です。良くあいさつ以外にこれらの言葉を覚えて行かれる方は多くいます。現地の人に知っている言葉を聞かれた際には、あまり答えない方が いいです。値切る気マンマンで来たと思われてしまい、あまりいい印象を受けません。日本に来た外国の方が同じような言葉を覚えてきたら、あまりいい印象は受けないのと同じです。 買い物時に覚えてきた値切る言葉を使用しても、特に問題はないのでその際にフル活用しましょう。

現地語の会話集を見せて話す

会話する時の有効な手段の一つとしては、現地の会話集などの本を見せて話すのも良い手段です。覚えていく事に越したことはないですが、発音などもしっかりとしないと伝わりません。 会話集などを見せて指をさして示せばより確実に早く伝わるでしょう。また、会話集を使いながら会話していくうちに、現地の方とのコミニケーションもはかれていくと思うので、 自然に発音なども身についていきます。

ネットde保険@とらべる5つの特徴

キャッシュレス
メディカルサービス

海外旅行中に提携病院で治療を受けても、治療費を支払う必要はありません。

日本語電話サポート

旅行先でも安心の日本語で電話対応を行っております。

24時間365日
海外サポート

旅行先におけるさまざまなアクシデントにいつでも対応いたします。

出発前当日
お申込み対応可能

急な予定にも対応!出発前当日でもお申し込みができます。(出発前当日のお申込みは23時30分まで)

リピーター割引は
5%OFF!

リピーターの方必見!繰り返し海外旅行に行かれる方におすすめです。
※リピーター割引の適用条件については『ネット海外旅行保険「ネットde保険@とらべる」の特徴』のポイント3をご覧ください。

ご契約前にお読みください※

  • ※「ネットde保険@とらべるに申込む」画面に進んでお読みください。
  • ・保険のポイント
  • ・重要事項のご説明
  • ・普通保険約款・特約

ゴルファー保険

おすすめコンテンツ
国別 海外コラム
保険おまかせ隊