海外旅行(保険)の豆知識(トラブルを回避する方法2)

海外旅行(保険)の豆知識(パターン別トラブル編)

旅行先で親切そうなホテル客が、じつは・・・

海外の街中を観光している際は、防衛意識を高くしている事も多いですが、ホテルでは油断してしまいがちです。まさか、ホテルにはと思っているかもしれませんが、紳士のフリをして、近寄ってくる詐欺師もいます。

特に高級なホテルでは、詐欺師の絶好の場となり、潜んでいる事が多いです。ロビーで隣に置いてある荷物を、持って行かれるなどと言うことも少なくありません。

海外のニセ警官による詐欺の手口とは

両替商と警官に扮した犯罪が多いです。
この犯罪の手口としては、ニセ両替商が路上で声をかけ、直後にニセ警官が登場するパターンです。パスポート・お金などを警官が出す様に指示し、警察手帳らしき物を提示してきます。こうまでされると、本当の警官だと信じてしまいますよね…

そこで、ニセ警官を見抜くポイントをご紹介します。
1. 両替商がニセ警官の指示にすぐ従う。
警官が私服だとなお怪しいが、制服を着ていてもニセ者の可能性があります。

2. 金品が本物か調べると言う。
これを言う警官はまず偽物です。最近では、技術が進捗し路上で見抜ける程、 簡単ではない為です。

いずれの場合にせよ、パスポート・お金などは簡単に渡さない事が重要です。

旅行先の税関の役人に賄賂をねだられたら

旅行先の税関で賄賂を要求される事があります。こういう行為はあってはいけないことですが、要求されるのは日本人がダントツ多いそうです…。
要求されるものは金品だけでなく、安価なライターなどもあります。安価な物だと渡してしまいがちですが、言葉が分からないフリや無視し絶対に渡さないようにしましょう。多くの方が後ろに並んでいる事も多いので、税関の役人も少しすればあきらめて通してくれます。

それでも、なかなか通してくれない場合は日本語でもいいので、大きな声を出しましょう。悪い事をしているのは相手の方なので、強い意志を持って対応する事が大事です。

ゴルファー保険

ネットde保険@とらべる5つの特徴

キャッシュレス
メディカルサービス

海外旅行中に提携病院で治療を受けても、治療費を支払う必要はありません。

日本語電話サポート

旅行先でも安心の日本語で電話対応を行っております。

24時間365日
海外サポート

旅行先におけるさまざまなアクシデントにいつでも対応いたします。

出発前当日
お申込み対応可能

急な予定にも対応!出発前当日でもお申し込みができます。(出発前当日のお申込みは23時30分まで)

リピーター割引は
5%OFF!

リピーターの方必見!繰り返し海外旅行に行かれる方におすすめです。
※リピーター割引の適用条件については『ネット海外旅行保険「ネットde保険@とらべる」の特徴』のポイント3をご覧ください。

ご契約前にお読みください※

  • ※「ネットde保険@とらべるに申込む」画面に進んでお読みください。
  • ・保険のポイント
  • ・重要事項のご説明
  • ・普通保険約款・特約
おすすめコンテンツ
国別 海外コラム
保険おまかせ隊